Gentleman Lady お金 恋愛

お金に困らない結婚後の生活の仕方。家計崩壊は自滅しているだけ

お金に困らない結婚後の生活の仕方を紹介します。 結婚するとローンを50歳で返済するようなプランを好きで組む人が多いです。買うのは決まってマイホーム、新車でマイカー買い換え、子供の学資保険などです。 では、結婚後お金が貯まる家庭はどうやってお金をやりくりしているのでしょうか。新婚生活は借金と共に始めようとしてるあなたに伝えたい。お金を増やせる家庭の経済学。

お金もちの生活

1.マイホーム買うならマンション1棟買って賃貸経営。お金が少ないなら迷わず買わずに賃貸

まず初めに、夢のマイホームは建売している業者が儲かるから多く販売されています。売る側になれないなら、賃貸がお勧めです。なぜ賃貸を勧めるかと言うと、基本的に会社員でもフリーランスでも3年先に同じように同じ場所で働いている可能性はほとんどないからです。さらに、一軒家というのは建てる時が一番高く建てた後はどんどん資産価値が下がります。実際に、建売をしている販売員の方に話を聞いたところ、「私も今はマンションで暮らしていますが、子供が大きくなってきたら一軒家に引っ越し、子供が巣立ったら家を売って、マンションに暮らしたい。」と言っていました。その理由は、マンションと一軒家では圧倒的にマンションの方が20年後の資産価値が高いからだそうです。

しかし、賃貸という選択肢が現代社会では重要です。私の場合、新入社員で入社してすぐに研修という名目で別の街に行きましたし、半年後にはさらに遠くの別の県で仕事をしていました。今の時代、同じ部署の人でも半年も経てば半数の人が入れ替わっています。そんな世の中で、定住は不都合が多いです。今の時代、定住ではなく移動の時代です。IOT化に伴い移動できない人には仕事がなくなるのも時間の問題ですし、世界のトレンドはフリーランスです。いつまでもその町があるとは限りません。コロナウイルスの蔓延によって、リモートワークが進みました。もちろん、これからもこの流れは止められないでしょう。つまり、会社に通う必要がない会社が多くなった。無駄な会議が減った分、無駄な業務も減りました。すると、自動的に無駄な人員はいりませんし、今の時代、クラウドワークスやココナラなどで外注すれば事足ります。スマホだけでも事業を始められますし、外注も受注もできます。移動型のオフィスで新たな事業を開始する人もいます。今まで年功序列で呑気に指示だけ出していたらやってもらえた肩書だけの管理職も必要なくなっています。大手の企業でもリストラなんて当たり前です。それなのにローンは30年。その時あなたは払い終えているのでしょうか。既存の社会システムは変化の時をうかがっております。ピンチに陥る方は決まって思考停止で、既存のシステムや上の世代と同じ動きをします。チャンスをピンチに変えているのは既存の社会システム内で生きている方です。

ピンチをチャンスに変えるのは今の最先端の事をしているあなたです。話を戻しますが、もし、家自体を税金対策で買うのなら、開発が進んでいる駅近のマンションがおすすめです。私が賃貸をお勧めするのは、地震をはじめ天災が多く起こっていますし火災などにまきこまれることも今では珍しくありません。持ち家だと資産価値が一気になくなります。賃貸ならさっと移り住むこともできます。その気さえあれば、海外に移住した方が生活費が抑えられますし、税金も減ります。

2.マイカーはあるものを使うか、中古で燃費のいいもので移動できればいい、またはシェア。究極は駅、バス停近くで車要らず

家と合わせて買うのが車です。特にローンを組む人は一緒に高い新車を買いがちです。そもそもローンとは戦後に家を売りたい業者が、借金という言葉だとお客さんがマイナスイメージで買ってくれないから作ったセールス用語です。つまり、借金=ローンです。なぜ、借金に借金を重ねてしまうかは分かりませんが、借金して儲かるのは金持ちだけです。税金対策になります。本題に移りますが、マイカーは田舎や、公共交通が発展していない場所ではすごく有益です。通勤で使えたり、電車やバスで移動するよりいろんな場所に連れて行ってくれます。ところで、それは自分の車でないといけないのでしょうか。それは違います。数人でシェアでも構いませんし、遠くに出かけるときはレンタカーで十分です。私が住んでいたところでは、免許を取ったら車は一人一台でした。しかし、現在移住し、公共交通の整った都市に引っ越したことで、自分の車はいつも駐車場に止まっています。ほとんどバスか電車での移動になりました。自転車もありますが、駅が近く、スーパーや病院などは徒歩圏にあるので引っ越してから時間がたつにつれて利用回数が減り、今では月に2回使うかどうかになっています。しかし、車は持っているだけで、重量税、駐車場代、保険、2年に1度車検代など2年で維持費だけでも100万円近く出ていきます。さらに、移動すれば高速代に燃料代までかかります。これからの時代も必要かと言われれば、私は今の車が壊れたらもう買う気もないですし、早いうちに手放そうかとも考えています。東京に住んでいたころは、車など必要なかったですし、現在地方都市に移住しても必要ない環境に身を置いているので、いつでも手放せる環境が自分の身を置くところで作れます。必ず必要なものではありません。

3.保険はいざというときに役立つとは限らないので解約

私の夫はうつ病で会社を休職しました。その時、会社で車の保険とは別に保険に2つほど加入していました。なので、自宅療養している夫に保険が下りないか調べたところ、ほとんど全く使えませんでした。ただ1つだけ、旦那が自発的に付けていた特約が自宅療養に対応していたのでそこから払ってもらえることになりましたが、1日2000円、月6万程度。そんなもです。基本的に、傷病手当を補う程度にしかないので本当に大きな事故をしない限り、支払ったお金は返ってきません。正直、無駄です。さらに保険を支払っている最中も保険料はかかります。下がったりしません。なんて無駄なんだろうとしみじみ思う体験でした。ほとんどの場合、入院というのは1日や日帰り入院ですし、基本的に自宅療養がメインではないでしょうか。もちろん、健康な人はかけるだけ無駄ですし、10年一切保険を使わなければ100万円返ってくるというのもあります。本末転倒ですよね。保険がある意味がありません。

支払っているお金がそのまま手元に入ってきて、出ていくお金が変わらなければ、投資できる財源は増えます。生活に余裕ができることでストレスも軽減につながるだろうし、ストレス発散といって無駄に使っていた分もあったのではないかと思います。なので、今では保険は車と火災保険にしか入っていません。もちろん、今後、車も手放す予定なのでもっと出費が減ります。

4.飲み会は行かない、残業はしない

会社員の方は、残業なんて当たり前、飲み会も強制参加なんて古い風習の人もいるのではないでしょうか。私は会社員時代、残業月100時間、45時間以内に収めるためフレックスで調整、帰りは日付が変わったら。しかし、飲み会がある日は定時、しかも強制参加でした。もちろん、土日など休みの日はストレス発散に温泉など行きまくっていましたし、暴飲暴食もしてました。なので、残業代はすべて消えていましたし、疲労困憊で体を壊して薬を常に買って常備しながら働いていました。それでお金が貯まるのかというと、貯まるわけありません。飲み会も行きたくないのに支払ったり、付き合いなんてその場限りなので今では資産にはなっていません。切り離したほうが正解です。残業してお金を稼いで、飲み会とストレス発散と薬に散財、つまり無駄金をサイクルさせていた。という感じです。基本給なんて微々たるものですから。使った時間は返ってきません。お金は稼ごうと思えば青天井です、会社員でなければ。

お金を使うのではなく、自己投資に使いましょう。時間を使いWebデザイン、プログラミングの技術を磨くのも一つです。自己投資に無駄な時間はありませんし、資金も投資した分キャッシュバックさせればいいものです。副業が本業になってもいいんです。会社から自由になる事がはじめの一歩です。

5.投資にまわす、自己投資がお勧めです。

知識をつけるために本を買うのがお勧めです。本は何を買えばいいのかわからなければ、今現在成功している有名な人がお勧めする本をお読みください。なぜその人が成功しているかは、基本的簡単に情報が手に入ります。自分には難しそうだなと感じていれば、ある程度資金を集めて、全部外注で経営すればいいです。実際、私はフリーランスとして、Webデザイナーと占いのサイト運営をしています。Webデザインは私個人でやっていますが、占いに関しては、私はできないので外注して占いをしてもらっています。もちろん、私の経営や運命など実際に見てもらって当っている。アドバイスがうまく、こちらが想定している以上に深く占ってもらえる信頼のおける占い師に依頼しています。私のサイトでは恋愛と財運をメインにして受け付けていますが、実際は、多くの経営者が占いを通してアドバイスをもらっている方です。その占いを格安で提供できないかと思い、始めさせていただきました。今までは、実社会での口コミだけで展開しておりましたが、2020年からインターネット上でもチャレンジしてみませんかと誘ってみたところ、快く快諾をしてもらったというのはここだけの話です。

何ごともやってみないと分からない、そんな気持ちで自己投資してみましょう。

まとめ

テレワーク、副業、フリーランスとどんどん社会は変わっています。しかし、私がシリコンバレーにいた10年前のアメリカとそんなに違いがないので日本はかなり遅れています。5年前いた中国の社会よりも現時点でIT化は遅れていると思います。これから変わってくるとは思うのですが、すでに世界から遅れているので日本の最先端でいても世界標準ではないかと考えています。なら、自分は何ができるか、考えていると面白くありませんか。

経済的理由で立ち止まっている時間はありません。どんどんチャレンジして資産を増やしていきましょう。

-Gentleman, Lady, お金, 恋愛

© 2020 未来の花嫁情報部 Powered by AFFINGER5