Lady 恋愛

片思いなのに彼に嫌われたと感じるあなた。やってしまいがちな間違い行動5つ

まだ何も始まっていないのに、片思いのまま嫌われてしまったのではないかと悩んでいる。信じたくはないけど彼に嫌われた。そんなあなたもこれから挽回できるかもしれません。今回は、嫌われる原因になりやすい行動を5つ紹介します。

嫌われ女

1.友達に相談して盛り上がる

恋の話をするときに、友達と私の好きな人談義をする人は多いかと思います。友達同士の話題としては盛り上がりますが、その話を誰かが横流しして、さらに尾びれがついて、しかも他の誰かが聞いていて尾びれがさらに長くなる。そんなことは日常茶飯事です。相手は噂には心底嫌がります。友達間で情報が漏洩することは非常にまれだと思い込むのはやめておきましょう。基本的に、本気で付き合いたいと思っている男女は、共に誰にも相談しません。友達は味方と勘違いしている表面的な付き合いしかできない人に多いですが、告白したらフラれた。告白する前にフラれた。これをおかずに御飯が3杯もいけるような話題作りはやめておきましょう。友達の話題の中心でいる私が好き。というなら構いませんが。

2.母親に相談して答えを鵜呑みにする

今の時代では1歳もしくは半年、年齢が離れるだけで価値観が違います。もちろん恋愛に関しても同様です。前時代的なアドバイスがどれだけ通用するか知りませんが、実験されたい方はぜひお母様に相談しましょう。出された答えはすべて実行してみてください。ことごとくうまくいきません。それ以前に環境条件が違いすぎて、実行すらできないこともあります。さらに、母親は自分より実の娘が幸せになることを願っていますが、行動が伴っていませんし、頭が基本的に時代に追い付いていません。スマホの時代に伝書鳩で会話するようなものです。つまり、現在恋愛をしてうまくいっている方に相談するのがお勧めです。目上の人に聞こうなど、恋愛の歴史を学びたいわけではないので、そこをはき違えているとうまくいきません。現在うまくいっているカップルに相談しましょうね。

3.片思いの彼の友達と仲良く気楽に話をする

好きな人の周りから固めていこうと戦略的な思考の持ち主に多いのですが、好きな人に勘違いされたり、間違いを犯したら彼から良く想われる前に偏見を持たれるので気を付けましょう。本人への積極的なアピールが何よりも重要です。無駄な努力は必要ありません。彼の周りの友達と特に深く関係を深める必要はなく、距離も取りすぎる必要はありません。好きな彼のお友達だと思うぐらいの程々の距離感が大切です。

4.常に同じ女グループでいる

女グループでいると、どうしても否定的な事を話す人や、派閥があり、自分の恋に集中できなくなります。自分が大切なのか、グループが大切なのか、彼が大切なのかしっかり線引きをしましょう。優先順位はしっかりつけれてますか。自分の恋に集中していますか。人の言葉をうのみにしていたり、他人の考え方や意見をまるで自分の物の様に話していませんか。自分で考え自分で発信していく癖をつけて、グループの共有財産みたいなおままごとはやめましょう。時間の無駄ですし、片思いは成就しません。女グループって男性から良くは見られません。なんとなく嫌われる存在です。一人になってしっかり自分の足で一歩を踏み出しましょう。

5.実際は何もしないけどSNSだけでつながろうとする

誰でもSNSをやっており、好きな人を見つけるのは容易になってきました。もちろんそこで趣味や思考を発信するので、会わなくても、一度も話したことなくても、何となく相手のことが分かってしまいます。それを自分にとって有益だと考えている人は片思いのまま嫌われてブロックされます。あなたにとって、知らない誰かに好きになられて、一方的にメッセージが来ることを考えてください。怖いですよね。SNSでつながろう、恋を成就させようとしている人は気を付けてください。コメントぐらいならありがたやー。と感じるだけです。また、好意的で前向きな言葉で相手を称えるような文章はとっても好印象です。そこから恋には発展しませんが、実際に会って話したときに話題として出しやすいので、相手を称えましょう。その時は素直な気持ちでいきましょう。

まとめ

嫌われるのは簡単です。他人の意見や思考をそのまま相手にぶつければいいからです。その言葉には全く熱意がありませんし、薄っぺらいので嫌われる以前に、相手にもされないかもしれませんが。もし、好かれたいのであれば、相手の立場に立って物事を考え、自分で決めて相手のために行動をおこす。嫌われることと全く逆のことをやれ。とはいえませんが、自分で考え、自分で決めて、自分が行動して得た結果なら必ずうまくいきます。それが、上記のことでなければですが。

恋愛は自由です。しかし、相手がある事ですので執着心や自尊心よりまずは相手の立場になって考えることです。何に喜びを感じるのか。何に惹かれるのか。まずは、紙に書き出して整理するのも一つではないでしょうか。頭の中で考えていたら妄想が強くなって、こうなったらいいなが、こうあるべきと、相手に強要する志向に変換してしまうこともあります。どんな時も冷静に、アウトプットしていきましょう。

恋愛のカギは自分の頭で考え実際に行動することです。

-Lady, 恋愛

© 2020 未来の花嫁情報部 Powered by AFFINGER5